初級 初-① 後ろ受け身

初-①後ろ受け身

武道では必ず最初にやる『受け身』ですね。
基本となりますので、必ずマスターしましょう。

座った姿勢→膝をついた姿勢→立った状態→動きの中と段階を踏んでやりましょう。

①半身の構えの姿勢

②後ろ足の膝をつく
   *膝の向きは外側で、足首は寝かせる

③お尻をつく

④顎を引き、背中を丸めて後ろに転がる

⑤肩が着く直前くらいに前足側の手で床を打つ

⑥両方の足を伸ばすが、床よりも直角以上に頭側にしない

⑦片方の足を畳みながら、逆再生で立ち上がる

⑧元の、あるいは逆の半身の姿勢となる。

注意点はたくさんありますが、最大のポイントは頭を打たないことです。
受け身は自分の身を守ることが最優先ですから、何はともあれ、それが正しいかどうかよりも怪我をしないことが大事です。

膝や足の甲、お尻が痛くなると思いますが、すぐに慣れると思います。

ちなみに、首とお尻が筋肉痛になったりします

スポンサーリンク
masterをフォローする
スポンサーリンク
合気道学校-非公認ブログ
タイトルとURLをコピーしました