初級で習う技

初級に習う技を列記します。
崩し方、崩し方、足捌き、手捌きなどなどや相手のチカラの入れる方向など、状況によって技は千変万化します。
バリエーションの話をすると膨大になってしまうので、あくまでも基本形とお考え下さい。
なので、カウントの仕方や分類方法においては適当です。
カリキュラム上の分類に従ってます。

後ろにある数字は第何日目に習うかを書いてあります。

礼法や構えなどは除いて、20弱あるんですね。
そのうちで、審査技は五級で6、四級でも7です。
審査だけなら簡単というのはそういうことです。

審査技に色をつけます。

超初心者

五級

四級

超初心者は審査技ではありませんが、それ以前としてマスターすべきものとしてあえて色づけを行いました。

初-①後ろ受け身

    1~36
    全ての回で稽古します。    

初-②足捌き

       1.2.3.4.5.6.7.8.9
       前半にのみ登場となっていますが、どの技でも足捌きは存在します。
       足捌きだけの稽古がないからといって油断せず、常日頃から稽古しましょう。

初-③逆半身片手取り四方投げ(裏)

       1.2.3.4.5.6.18.33.36
       前半に出てきたきり、しばらく登場しません。
       18.33の時に、「あれ?どうやんだっけ」となる技です。
       一番の基本技ですから忘れないようにしましょう。

初-④逆半身片手取り四方投げ(表)

       2.3.4.5.6.18.33.36
       裏と同じですね。最初の頃やった基本技です。
       忘れないようにしましょう。
       審査技なので、忘れていると不安になりますが。

初-⑤相半身片手取り入り身投げ

       4.5.6.7.8.9.10.25.33
       意外と多くやります。
       やはり前半に集中します。
       ただ、審査技ではないと言うこともあり、思い出す必要性が・・・。
       そんなこんなで、忘れてしまう技です。
       この際、忘れても構いません。中級でやりますから。

初-⑥呼吸法(座法)

       6~36
       合気道の稽古は片手持ち転換法から始まり、座技呼吸法で終わるのが基本です。
       一日の稽古の最後に必ずやります。
       が、管理人の時は、実施率25%くらいでした。
       他の技に時間がかかってしまうため、どうしても押してしまうので。
       ただ、超重要な技だということだけは覚えておいて下さい。
       めちゃくちゃ奥深いです。
       各指導者によってやり方が大きく異なるので、違いを感じると楽しいです。

初-⑦相半身片手取り一教(表)

       7.8.9.12.33
       もっとやってもいいのにな・・・というくらい重要かつ基本的な技。
       審査技ではありませんが、必ず覚えましょう。
       前半にやって、久しくやらないので忘れがちなのは他の技と同じです。

初-⑧相半身片手取り一教(裏)

       10.11.12.33
       ⑦と同様ですね。

初-⑨正面打ち入身投げ

       11.12.13.14.15.16.17.26.27.28.29.30.31.32.34.35.36
       一番多くやる技なのではないでしょうか。
       17~26と少し間が開きますが、忘れない技でしょう。
       正確に言うと、ただ入身して投げるというよりは、
       入身転換して投げるバージョンを学びます。
       実は難しい技です。
       特に、受けは最上級難度です。
       今は何となくの形を覚えるくらいの気持ちで大丈夫です。

初-⑩正面打ち一教(表)

       13.14.18.34.35.36
       超基本技なのに、こんなに少ないの?って感じです。
       固め技の基本ですので、しっかりと覚えましょう。
       慣れてきたら、受けをきちんとやることが大事です。

初-⑪正面打ち一教(裏)

       15.16.17.18.34.35.36
       ⑩と同じくですが、難易度は遙かにこちらの方が高いです。
       管理人的には全ての技で取り限定では最上級難度な気がします。
       まずは形をしっかりと覚えましょう。

初-⑫横面打ち四方投げ

       19.20.21.22.23.24.34.35.36
       後半戦に集中して覚える技ですね。
       大事なのは技ではありません。
       捌きです。
       転身の足運び、横面打ちの捌き方を受け取り両方とも覚えましょう。
       横面は一番難しいと言われます。
       つながりが脆弱で、動きが直線的ではないからです。
       技ではなく、捌きに意識して学ぶと良いと思います。

初-⑬逆半身片手取り一教(表)

       19.21
       回数、少ないです。
       これは重要ではないと言うことではありません。
       肩取りができて、初めて片手取りができるのです。
       横面と同じく、大事なのは捌きです。
       手の取り方も大事ですが、足の方が大切です。
       管理人の時は、体の入れ替え、半身の入れ替えで崩すことに重点を当てました。
       なので、真後ろに捌きました。
       内に捌くか外に捌くか・・・パターンがありますので、授業でやった際は
       覚えておきましょう。こっちのほうが本題です。

初-⑭逆半身片手取り一教(裏)

       20.21.22
       ⑬同様です。
       大事なのは捌き方。

初-⑮逆半身片手取り二教(表)

       23.26.27
       二教登場です。
       崩してからの手の取り方、手の持ち方を意識しましょう。
       固め方は何となく形になっていればOKです。
       今は効かせようと頑張らなくて大丈夫。

初-⑯逆半身片手取り二教(裏)

       24.25.26.27
       同じく二教です。
       裏は極めが入ります。
       これもコツというか、原則があります。
       しっかりと90度の法則を意識し、どうやって効かせるのかを理解しましょう。

初-⑰肩手取り二教(表)

       28.31.32
       教わる順番が前後していますが、片手取りよりも、肩取りの方が簡単です。
       崩し方、手の取り方を意識しましょう

初-⑱肩手取り二教(裏)

       29.30.31.32
       ⑰と同じです。

スポンサーリンク
masterをフォローする
スポンサーリンク
合気道学校-非公認ブログ
タイトルとURLをコピーしました