道着の着方、たたみ方

道着の着方

意外とわからない方が多いようです。


上記は、どちらも流派や道場によってこだわりがあることがあるようです。
しかし、合気道学校、並びに合気会本部道場ではそこらへんは寛容なようで、何も聞きません。

私はよくほどけてしまい、お恥ずかしい限りですが、帯の締め直しは相手側に迷惑になるというのもありますので、一応はマナー違反と言えばマナー違反です。
ほどけないようにしっかりと結びましょう。
言葉で説明すると難しいので、画像や動画を参照して下さい。

道着のたたみ方

①合気道着の上衣です。
まず、左のような状態でスタンバイしておきましょう。

②合気道着の股下、帯です。
最初に、この股下から用意します。

③股下を半分に畳みます。
どう半分に畳んでも構いませんが、私は②の状態から単純に正面を折り線にして折り返して畳みます。

④股下を着せるように、上衣の中に入れます。
股下が下にはみ出るのは気にしないでください。

⑤着せるようにして、上衣の前を閉じます。
畳む便宜上、左上でも右上でも構いませんが、着るときと同様にしておいた方がなんとなく良い感じです。
なので、通常は左が上です。
  写真は右が上なので、あまり良くない。

⑥胴幅が1/3になるくらいを目安に、片袖を折り込み、袖も合わせて折り返します。最終的には見えなくなるので、内側に折り込む必要はありません。
外側のラインが直線になるように調整しましょう。

⑦逆側も同様に折り返します。
多少、折り返しの部分が重なったり、段差があってもノープロブレムです。

⑧下1/3を折り返します。
 人によっては1/2折り返す人もいるようです。
最終的にどのくらいコンパクトにするかの問題だと思います。

⑨さらに、それを半分にします。
私の場合は、ほぼ正方形になります。

⑩これに、普段帯を締めるのと同じ要領で帯を巻きます。
畳むときだけ、最後に帯を持ちやすいように結ぶ人もいます。

⑪帯を正面で締め、完成です。

 ⑫結び目については、流派や道場、人それぞれだと思います。
スポンサーリンク
masterをフォローする
スポンサーリンク
合気道学校-非公認ブログ
タイトルとURLをコピーしました