銀狼 合気道ブログ 四方投げでどう動く、動かすか

管理人『銀狼』の合気道稽古日記

先日、富木合気道の方と稽古を致しました。

私は合気会なのですが、違いが面白かったです。

私が意識していることは、『自分の姿勢』です。

常に、自分の姿勢が良い状態が保たれていること。
そして、自分の中心線に自分の手を持ってきて、相手の手もそれに合わせることです。
四方投げは頻繁に向きを変えることが多い技ですが、それに伴い、中心がずれやすいので、
私は、常に中心に手があるかどうか、腰や足の向きに気をつけています。

崩し方については、色々と考えています。
場合によっては、手を返し、捻るようにして崩すこともあります。
手を先行させ、突くようにして、移動力で相手を崩すこともあります。
手を張って、相手の手首の逆関節を決めるようにして崩すこともあります。
足捌きで、最初に相手との力の方向をずらし、崩すこともあったりします。

ただ、それは小手先のテクニックのようなもので、基本的に意識していることは、『自分の姿勢』です。

自分の姿勢がしっかりしていることが大事であり、中心は自分です。

富木合気道をされているという方が、その方オリジナルなのか、富木合気道がそうなのかはわかりません。

しかし、その方のは、非常に面白かったです。

端的に言うと、柔道的でした。

相手の体制を崩すわけですが、受けの前足に加重をかけさせることで、相手の前足を殺していました。

柔道では、例えば、大内狩り→大外狩りという連絡技があります。
これは、大内狩りで左足に体重をかけ大外狩りで右足をかるというものです。

相手の重心をコントロールするという点で柔道的だと思ったのです。

今回稽古をご一緒させていただいた方は、受けの私の前足に投げられる直前まで加重がかかるようにしておりました。

私は、投げられる直前まで、足の位置が全く変わらなかったのです。
手もそれほど(若干高くなったりはしましたが、)位置は変わりませんでした。
私が初動時と比べてほぼ不動状態。

相手は、技をかけるときに、腰を反るようにしたり、足が完全に揃っていたりする瞬間が多くあり、
決して安定した良い姿勢とは呼べるものではありませんでした。
しかし、こちらが固まっているため、何もできません。

途中で関節が極まっているわけではないのです。

崩すという発想はありましたが、身動きさせないように硬化させるというのはあまりなかったので、非常に面白いなと感じました。

そして、繰り返しになりますが、私が意識しているのは姿勢です。
自分の姿勢が常に安定しているのが大前提で、相手を崩す。
自分が中心の考え方です。

今回のは、相手の重心を崩し、固めることで、自分が多少不利な体勢でも関係なくするという感じでした。
動きは相手がほぼ完全停止状態。
まるで、時間停止のスキルを使っているから、自分は無造作に動いても大丈夫って感じでした。

どうやって、私の足を止め、動きを硬化させていたかというと、、、、。

おそらくですが、私の手にぶら下がるようにして、自分の体重を相手にかけて、テンションを保っていたというのが回答と思われます。

そのためのコツは、重心のコントロールと腰の回転、伸筋の利用ではなかろうか?と。

貴重な体験でした。

傍から見ていると、受けが全く動いていないように見え、自分が変な体制を構築しているが、技がかかる。
一方、私のは自分の姿勢が良く、相手がそれに合わせてついてくるように見える。
 *これが、相手が勝手に動いているわけではないのですが、合気道がたまに胡散臭い、やらせと言われる所以かもしれません。

どちらが良いとか悪いとかでは全くないのですが、色々な方法があって面白いし、大変奥深い。

何よりも、やり方の違う双方が自分のやり方を探求しつつ、相手のやり方を否定しない。
尊重し、場合によっては、素直に吸収するというのが流派は違えど、同じ合気道家として心から嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました