銀狼 合気道ブログ 構えにおける爪先の向きと膝の向き

管理人『銀狼』の合気道稽古日記

前回、転換の際に足を真っすぐ引くこととで重心がブレにくくなるとお話をしました。

これは重心と軸が一致しないからブレることは仕方がないことですが、それを軽減するために足を回転させないことで安定を得るということです。
足が外側に向いているのであれば、回転しても安定がはかれます。

私は足は真っすぐ前と、真横にしていますが、それには理由があります。

最初は師範に言われたからでしたが、自分である程度考えられるようになった後も、改めてその通りにしようと考えました。

理由は膝抜きしたときの方向性です。

合気道においては、極意は膝にありというのは今は広く知られています。
膝を柔らかく使い、脱力することで自分の重みを相手に伝えることができるからです。
これは流派の違いはあっても、共通していることだと思います。

養神館では、姿勢力、特に脊柱を意識し、地面から足、ひかがみ(膝裏)、腰、背中、額、手刀と連なるラインは相当なものだと思います。
構えにおける足の向きと相まって、スピードある前進性と、姿勢の強さは塩田先生の小柄な体格でも力強く活かせます。
何よりも、前重心なので、直進、特に前方向に強く、回転したときも安定しております。

富木合気道では、移動力が優れており、やはり回転が強いと思います。
対短刀の乱取りをしているだけあって、間合いがやや遠く、手を伸ばし気味、後ろ重心な気がします。足幅は狭く、動きの即時性が高い印象です。
あとは、柔道の要素が強く、相手の重心を崩したりするのが非常に上手いです。
瞬発力という意味でのスピードではなく、移動力としてのスピードが速い。
さすが、乱取りをしているだけあると思います。

各流派とも創意工夫がされており、素晴らしいと感じます。
私は、そういった素晴らしい点も考慮に入れた上で、足を前にすることを選択しました。

重心を落とし、膝を曲げたとき、これを膝抜きと呼んでいますが、膝の曲がる方向を意識していたいからです。
相手の方向を向いているときに、膝を抜くと、当たり前ですが相手の方に膝が曲がります。
やや外側に爪先を向けていた場合は、当然相手側ではなく、やや外向きに曲がります。

お分かりでしょうか?

膝抜きについてのみ考えるのであれば、前方向に向いていた方が膝抜きの効果は高いと思うのです。
これが、私が足の向きを真っすぐと真横にする理由です。

物理学的な言い回しをすると、ベクトルのチカラを最大限有効にするために、その方向性を意識するということです。
滑車として機能させるために、その向きを考えると、やはり足の向きは相手に向いていた方が良い気がしています。

これは私がまだ未熟ゆえに膝抜きがままならず、稽古として意識付けしたいというのが大きいです。養神館程ではなく、富木合気道くらいの足の向きがベストではなかろうかと最近は考えてます。
理由は、移動力です。
体捌きする上での速さと安定性が至上ではなかろうかと考えはじめました。

ケースバイケースでしょうが、いかがでしょうかね?

 

タイトルとURLをコピーしました